株式会社 立花商店 English
トップページ 取り扱い原材料 取り扱い小売商品 会社概要 お問い合わせ
ガーナ
シエラレオネ
フィジー
協会会員・支援先
協会会員・支援先

 


ソーシャル・トレーディング・カンパニーを目指して

ソーシャル・トレーディング・カンパニーを目指して
jetro
『シエラ・レオネ』と聞いて、即座に知っているという方がどれだけいるでしょうか。実際、私たちも西アフリカに頻繁にいきながらも、この西アフリカの小国のことを全く知りませんでした。

この国の名を知ることになったのは、ドイツ人の知り合いから『シエラレオネのカカオについて知っている?』と聞かれたことでした。それを機に調べてみると、1992年から2002年まで10年間内戦状態で、それまで主要な外貨獲得作物であったカカオ産業が衰退しており、現在内戦終了から10年経て、ようやく徐々に農業セクターでも取り組みが開始されている状態であることを知りました。

『自分達の仕事で何か協力できることがあるなら絶対にやってみたい』理屈でなく、感情でそう思って、このプロジェクトはスタートしました。

徹底的にシエラレオネの現状とカカオ産業の現状を調査し、事業性を立証するプロジェクト案件をジェトロ様の公募案件に提案したところ、開発輸入企画実証事業に採択頂きました。



ガーナを経由しシエラ到着。移動だけで日本を経って3日   空港からは船で対岸へ1時間かけて移動


まず行動。シエラ・レオネに訪問して、プロジェクトスタート。
世界銀行・シエラ政府も関わっているプロジェクトなどの情報も収集。

まず、しっかりとした現状把握。なるべく多くの村に足を運び、大人たちの話をまずは、聞く、聞く、聞く。

そして、どのこの村でも、変わらない子供たちの笑顔。子供たちの現状は大変だとしても、みんな底抜けに明るい。

農園の調査や、倉庫の調査などを行い、改善点や今後の取り組み方を探る。

皆さんと10年、20年、そして永遠に継続していけるようなビジネスを構築することを約束。
既にアジア向けに販売が成立するなど順調な滑り出しを見せました。おそらく、今後、多くの困難や失敗もあることでしょう。
でも『成功するまであきらめなければ、いつか必ず成功する』と胸に刻み今日も"とにかく前へ"前進します。

JETRO事業実施報告書(抜粋)  JETRO最終報告会プレゼン資料(抜粋)

JETRO事業実施報告書(詳細) (1MB) JETRO最終報告会プレゼン資料(詳細) (4.5MB)

※資料詳細を閲覧される方はお問い合わせフォームにて、氏名・会社名(法人の方のみ)・お問い合わせ欄に使用用途を明記の上お問い合わせください。 閲覧用パスワードをお送り致します。

▲ページトップに戻る